ネットのおかげで業者側の手間も少ない

中古車を査定することの恩恵

中古車査定の恩恵

●消費税の関係

中古車の査定について この4月に消費税が5%から8%へ3%増税されたことにより、多くの人がこれまで持っていた自動車を売却し、新車自動車などを購入するようになりました。消費税は購入価格に一律に課税されることから、購入価格に3%分が上乗せされることになります。例えば300万円の新車自動車を購入しようとする場合、3月31日までは消費税は5%で15万円でしたが、4月1日からは消費税が3%増税され8%となることから24万円が消費税となり、9万円も購入価格に上乗せされてしまいます。こうしたことから多くの人は増税前の2月から3月にかけて自動車ディーラーを訪れて多くの自動車が購入されました。

一般的に新車自動車を購入する場合、これまで乗っていた自動車は中古車として中古車販売業界に流されることがほとんどです。走行距離が非常に長い場合や事故車など一部の例外を除きほとんどの車がこうした流れに沿って新しいユーザーに売却されます。そのため、消費税が増税される直前の3月から増税直後の4月にかけて、多くの中古車が中古車販売業界に流れ込んできたといわれています。新車を購入した後にこれまで乗っていた中古車を売却する場合は、多くの中古車買取業者に査定をお願いすることがほとんどです。

査定業者ランキング

ズバット

ウェブクルー ズバット車買取

参加している業者数が多く、最大で10社から査定見積りを貰うことが出来ます。情報コンテンツも豊富で見やすい!

ズバット公式 ズバット詳細

査定ガイド

エイチーム かんたん車査定

査定金額をアップさせるためのコツやポイントなども丁寧に紹介されている、一括見積りサイト。概算金額がすぐ分かる!

かんたん公式 かんたん詳細

カーセンサー

リクルート カーセンサー

中古車販売で圧倒的な信頼を得ているカーセンサーは、情報雑誌でも有名。多くの実績を上げ様々な経験を積んでいます。

カー公式 カー詳細

納得のいく査定結果

■買取競争が激しい

その理由として、こうした業者は車の査定に関して多くのノウハウや情報を有しており、中古車を売却しようとする人にとって納得のいく査定額を提示することが可能なためです。特に近年はインターネット技術などの情報通信技術の発達により、多くの情報を瞬時に遠くまで伝達することが可能になりました。また、これまでは中古車の査定額などを紙ベースの帳簿に記していましたが、今ではパソコンやスマートフォンなどに瞬時に入力して、さらにはこうしたデータの解析することが可能になりました。

そのため、売却を依頼された場合は、その車の年式や車体、走行距離などで大まかな査定額が瞬時に出すことが可能になります。こうしたすばやい査定額の割り出しを得意とする買取業者もあります。買い取り希望者が中古車査定を行うときの恩恵としてはいくつか挙げられます。例えば、インターネット自動車査定サイトなどを活用すれば、全国にある中古車買い取り業者の査定を同時に受けることが可能であり、こうした業者の中から、最も買い取り査定額が高い業者を選ぶことが可能になります。

業者の手間も省ける

■ネットがもたらした手軽さ

また、インターネットに入力する際も車の年式や走行距離など簡単な情報を入力するだけで可能なため、買い取り査定が楽に行うことが可能になります。また、査定の際には一般的にはこちらから業者に中古車を持参して作業をしてもらいますが、業者の中には、依頼者が希望する場所や日時で業者からこちらに出向き、中古車の査定作業をしてくれるところもあります。

これまで長く乗っていればいるほど、車に対する愛着は増えていくため、なかなかこちらから査定場所に出向いて、こうした作業を行うのは非常に肉体的にも精神的にもしんどいものになります。たとえ、買い取り価格が高かったとしても、愛車が離れていくわけですから、精神的なストレスは多いといえます。そうした中、少しでも中古車売却希望者のストレスをなくすため、業者からこちらが望む時間に出向いて査定作業をしてくれるサービスは非常にありがたいサービスと言えます。

また、出張査定の際にこちらからいろいろと質問がしやすいのもこうしたサービスの長所でありますし、業者のほとんどはこうしたサービスを無料で行っています。今後も、経済発展が進むにつれ、多くの中古車が中古車販売業界に流れていくと予想されます。そうした中、買い取り業者のサービス内容が重要になってくるといえます。